PRODUCT SEARCH

PRODUCTS

製品

5G対応のデバイスが急増しています。 5Gでは、新しい周波数や帯域の広い変調波の試験が必要になり、ミリ波帯では、ビームフォーミングやアレーアンテナなどの高度な技術が必要になります。
5G用端末は、アンテナ端子がない製品が多く、OTA試験が必須です。
OTA試験には、Direct Far Filed(DFF)やCompact Antenna Test Range(CATR)などの試験方法があり、当社の計測システムは、既存の電波暗室や電波暗箱に設置できるDFFに対応したOTA試験設備です。

システム構成例

5G NR OTA試験をサポートする自動計測ソフトウェア(MATEOS.NT)で、OTA試験の自動化が可能です。
DUT(Device Under Test)の出力パワー、感度測定を自動で行うことで、加速化する端末開発を迅速にサポートします。

≪MATEOS.NET≫

ページトップへ戻る