製品情報

電磁界シミュレータEEM

FDTD法・モーメント法・レイトレーシング法など様々な手法で電磁界解析を行えるので、アンテナの設計や環境解析などに適しています。

また、設計を始めたい方、使い勝手を確認したい方に向けデモ版を配布しております。

さらにEEMではグラフィックメモリを使用して高速に解析が行えます。(※EEM-FDM・EEM-MOM・EEM-STFの製品版のみ)

この製品についてのお問い合わせはこちら
  • 差分法を用いた電磁界シミュレータ
  • 広い周波数(準静電界から光まで)の各種用途に使える汎用ツール

用途

  1. 各種線状/面状アンテナの解析評価
  2. 電子機器の放射する電磁波の解析評価(EMC)
  3. 電磁波応用機器、電波吸収体の解析評価
  4. 各種物体のレーダー断面積(RCS)の計算
  5. プリントアンテナ、伝送線路、マイクロ波回路の解析
  6. 光の散乱特性の解析
  7. 準静電界の解析
  • モーメント法を用いた電磁界シミュレータ
  • 線状・面状アンテナの解析に最適

用途

  1. 各種線状/面状アンテナの解析評価
  2. 電磁波源の存在する室内外での電界分布の解析(無線LAN)
  3. 電器機器の放射する電磁波の解析評価(EMC対策)
  4. 電磁波応用機器の特性の解析評価
  • レイトレーシング法を用いた電波伝搬シミュレータ
  • 市街地や建物内の広い領域での電界分布の高速計算

用途

  1. 市街地の電界分布の計算(移動体通信)
  2. 建物内の電界分布の計算(無線LAN)
  • 差分法による静電界シミュレータ
  • 電極と誘電体から成る系の電圧と電界分布の計算

特徴

静電界シミュレータEEM-STFは、3次元任意形状の誘電体、電極、点電荷からなる系の電圧分布を差分法を用いて解析するものです。

誘電体を磁性体に、電界を磁界に置き換えれば静磁界の解析に用いることもできます。

キーワードで検索する

Pick Up

自動車搭載アンテナ無線通信評価設備

OTA計測システム

FPU用アンテナ