製品情報

自動車搭載アンテナ無線通信評価設備

アンテナの品質は、自動車を含む送受信モジュールと一緒にテストする必要があります。
自動車は、市街地と郊外で使用されるので、これらの両方の環境を模擬するためのテスト環境を持っている必要があります。

一般に、携帯電話のような無線デバイスのアンテナ品質評価は、電波暗室(壁面の吸収体を含む)と反響室(反射壁を有する)の両方で行うことができます。
反響室は、リッチな等方性マルチパス(RIMP=Rich Isotropic Multi-Path)環境をエミュレートし、屋内や市街地環境などのような散乱の多い環境に適しています。
補完的に、純粋な見通し(LOS=Line Of Sight)環境は、固定設備用アンテナの性能をテストするためには無響室(電波暗室)で試験を行います。

郊外/高速道路環境は、特に道路上の車両に対して、RIMPよりもLOSに近い環境にあります。
車載無線通信システムに対する2つの対極の環境は、それぞれ市街地と郊外/高速道路環境に存在する
RIMP%

この製品についてのお問い合わせはこちら

・反無響室

・比較的小さな部屋サイズ

・アジマス回転(ターンテーブル)

水平面内2Dランダム到来波

・チャンバアンテナ

アレー+ブランチの組み合わせ/分配回路

・見通し遠方の基地局をエミュレート

・ランダム-LOS環境下でMIMOをテスト

・低いエレベーション角度に対して、Random-LOS環境でのCDF(累積確率分布)を作成

キーワードで検索する

Pick Up

自動車搭載アンテナ無線通信評価設備

OTA計測システム

FPU用アンテナ