コラム

EMCの試験方法④IEC 61000-4-6

2015/12/24

みなさんこんにちは。

「EMC測定の基礎」も大詰めになってきました。今回は伝導イミュニティ試験の2種類目、IEC 61000-4-6について説明しましょう。

IEC 61000-4-6

前回、簡単な絵を描いてご説明しましたが、試験対象となる製品に直接電波で入る「放射」と配線(ケーブル)を伝って入る「伝導」があります。このように製品へ流入する経路の違いについてはご理解いただけたかと思います。

まぁ、実際目に見えるわけではありませんし、理解するのはなかなか酷なことかも知れませんね。あぁ、そうなんだ…程度で結構です。 皆さんが家で電気製品を使うときに電気を取るコンセント。もちろんここには電気が来ているわけですが、いろいろなノイズも潜んでいるんです。別の部屋で使っている電気製品のノイズがコンセントに流れ込み、電線を伝って別の部屋のコンセントに現れたり、屋外の電線がアンテナの役目をして、周囲にあるノイズが入り込んで、コンセントに現れるんです。こういったノイズに対しても耐性を持っていなければなりませんので、こういった状況を模擬して行うのが、この伝導イミュニティ試験です。

 

zu-densen

 

ノイズが流入してくる経路については前に書いたとおりですが、この経路によって実は試験する周波数も違ってくるんです。放射イミュニティ試験では、80MHzから1000MHzという周波数で試験を行うと以前ご説明しましたが、伝導イミュニティでは、80MHzより下の周波数150kHzから80MHzの範囲で試験が行われます。
これは、ノイズが80MHz以上の高い周波数成分を持っている場合は、電波として直接製品に飛び込む割合が大きく、80MHzより低い周波数成分を持っている場合は、電線などを伝って製品に入り込む割合が大きいからなんです。ただ、この80MHzという周波数で明確に分かれるわけではなく、ノイズの種類や製品の形状、動作状態などで流入経路は変わってきますが、「だいたい」このあたりの周波数で変わることが多いようです。ただ、試験をするためには条件を決めなければなりませんから、ここで書いた範囲は、規格で要求する試験の方法で決められている範囲と理解してくださいね。

 

zu-consent

 

放射イミュニティの場合は、試験電波が飛び交うため、電波暗室という部屋で試験が行われるとご説明しましたが、この試験は電波が飛び交うことがありませんので、電波暗室までは必要ありませんが、シールドルームと言われる電波を遮蔽する部屋で行われます。

 

pic-cbamber02

 

信号発生器という機械でノイズの代わりとなる信号を発生させたのち、必要な信号レベルとなるまでアンプで大きくされた信号は、注入装置(CDNやEMクランプと呼ばれる装置)で電線に注入させて試験を行います。

 

pic-sikenrei

 

今回まで、様々なEMC(エミッション測定や、イミュニティ試験)について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだまだたくさんの規格がありますが、今回までにご紹介した測定や試験は、だいたいどのような製品に対しても行われる(行わなくてはならない!)のです。冒頭にもお話しましたが、EMCに携わっていない方々に、EMCとは何なのかを少しでも理解してもらえればと思いながら書いてきましたが、結構難しい内容になってしまいましたね。
次回はいよいよ最終回ですが、これまでのことをお温習いしながら纏めたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連するコラムはこちら

EMCって何?
  • EMC
はじめまして。マイクロウェーブファクトリー株式会社の八田と申します。 以前に比べれば比較的良く目にするようになってきた「EMC」という言葉ですが まだまだ一般的には理解されていないのではないでしょう...
EMCの試験方法②IEC 61000-4-3 放射無線周波電磁界イミュニティ試験
  • EMC
本稿もいよいよ5回目になりますが、いつもお読みいただきましてありがとうございます。今回もまた軽く読み流していただければと思います。

キーワードで検索する

Pick Up

自動車搭載アンテナ無線通信評価設備

OTA計測システム

FPU用アンテナ